日本ではオンラインカジノに関する法律が存在せず、合法でも違法でもないグレーゾーン状態です。

日本でできるギャンブルのヘッダー画像

グレーゾーンが多発する現状と原因

白から黒へのグラデーションの紙

 

日本では原則ギャンブルが禁止されていますが、実は抜け穴も多いのが実情です。
公営ギャンブルや宝くじなどは合法ですが、それ以外は基本的にグレーゾーンの状態になっているのです。
法整備が追い付いておらず野放しなので、しばしば問題が起きています。

 

一方で確実に違法だと判断されるギャンブルも存在しており、気付かずに利用してしまうと逮捕のリスクがあります。
どこまでが合法でどこからが違法なのか、ギャンブルを楽しむためにも正確に理解しておきましょう。

 

合法のギャンブル

OKの文字と猫

 

まずは楽しく遊べる合法のギャンブルから確認して行きましょう。
合法なのは公営ギャンブルに分類される競馬や競艇、競輪となります。

 

これらは国が認めており自治体が運営しているので、間違いなく合法なギャンブルです。
ギャンブル中毒にならないように適度に楽しむ分には何も問題ありません。

 

宝くじも合法のギャンブルで、やはり国が認めており自治体が運営しています。
依存症になるリスクも低く気軽に楽しめるギャンブルでしょう。

 

グレーゾーンのギャンブル

法律的に見て行くと、実はパチンコもグレーゾーンに分類されます。
パチンコはギャンブルに該当しますが、出玉で交換するのは景品であり現金ではありません。
現金化するには景品交換所を利用しなくてはならず、複数店舗が介入する仕組みなので違法となっていないのです。

 

グレーゾーンになってはいますが、人々の娯楽として定着してしまっているのでほぼ合法と見て良いでしょう。
パチンコ業界が守られているのもあり、今後も合法的なギャンブルの1つとして楽しまれ続けるはずです。

 

厄介なのはオンラインカジノについてでしょう。
オンラインカジノに関わる法律はまだ整備されておらず、完全にグレーゾーン状態になっています。

 

そもそも現行の賭博法は胴元を逮捕するための法律で、利用者を罰する法律はほとんどありません。
要するに胴元が日本国内に居ない場合、賭博法で利用者を逮捕するのは難しいのです。

 

オンラインカジノは海外で運営されており、その国ではギャンブルが合法化されています。
海外に対して日本の法律を適用させるのは不可能なため、オンラインカジノはグレーゾーン扱いになります。

 

グレーゾーンが多発する原因

刑法が記される六法全書

 

グレーゾーン扱いになっているのは主にオンラインカジノについてです。
海外ではギャンブルが合法ですが、それを日本国内から利用するのは良いのでしょうか?
現時点ではオンラインカジノに関する法律が無いので合法でも違法でも無いというのが正しいです。

 

こうしたグレーゾーンが多発する原因は、すべて法整備が遅れているからです。
ギャンブル依存症が問題視される中、明確に取り締まる法律が無いのが問題でしょう。
グレーゾーンは今後無くなって行くと思われるので、法律の改正に注意してください。