パチンコやパチスロは三店方式というシステムで景品を現金化しています。

日本でできるギャンブルのヘッダー画像

パチンコ・パチスロ

世間的にパチンコやパチスロはギャンブルだと認識されているでしょう。
事実、パチンコに夢中になった人をギャンブル依存症と呼ぶことに違和感がありません。

 

そこで疑問になるのが、ギャンブル禁止の日本でなぜパチンコやパチスロが容認されているかという点です。

 

公営ギャンブルの競馬や宝くじは国が認めているのですから問題は無いでしょう。
しかし、パチンコやパチスロは公営では無いのにギャンブル性が極めて高いです。
ここではパチンコなどがなぜ合法とされているのか紹介しつつ、依存症の危険性についても触れて行きたいと思います。

 

パチンコとパチスロが合法な理由

パチスロ台のボタン

 

パチンコなどは三店方式というシステムで換金を行っています。
玉が出る台を設置する「パチンコ店」と、出玉を景品に変える「景品所」と、景品を現金で買い取る「景品問屋」の3店です。

 

ギャンブルに該当するのは現金を商品として提供する行為なのです。
上記の三店方式をに当てはめてみると、利用者に現金を渡しているのは景品問屋でありパチンコ店ではありません。
そのためパチンコ店はギャンブルでは無いことになり規制を回避しているのです。

 

完全に法の抜け穴を通った屁理屈ですが、実は過去に政府が違法ではないと断言したことがあります。
この時、グレーゾーンだったパチンコが完全に合法だと認められたと言っても良いでしょう。

 

黒い噂ではパチンコ業界から多額の政治献金が政治家へ流れていると言われています。
事実は分かりませんが、ギャンブル依存症で何かと問題視されるパチンコ店が政府の規制対象に含まれません。
そうしたことを考えると、黒い噂の内容はあながち間違っていないのかもしれません。

 

期待値と依存症のリスク

ピンクの光を反射するパチンコ玉

 

気になるパチンコの期待値ですが、これは台によって変わりますし店ごとに異なります。
計算方法は簡単で、獲得出玉や千円あたりの回転数を考慮すると割り出せるのです。

 

ただし、優良な台を見極めるのは非常に困難なため、平均すると収支がマイナスになるリスクもあります。
絶対に勝てるギャンブルは無いことを理解した上で行動するようにしてください。

 

また、パチンコの場合はギャンブル依存症のリスクも抱え込むことになります。
負けた分を取り返したい、大勝した興奮を味わいたいなど、夢中になり過ぎると日常生活を破壊するでしょう。

 

パチンコ依存症の人数は全国に300万人以上とも言われており、毎月5万円以上を注ぎ込んでいる人は要注意です。

 

依存症になると自力で克服するのが難しくなり、どんどん症状が悪化してしまいます。
そのため第三者の存在であるカウンセラーなどを頼りにすると良いでしょう。

 

ギャンブル依存症の対策が急がれますが、具体的な対応はまだまだ先になりそうです。
自分や家族の生活を守るためにも依存症には十分気を付けてください。