公営ギャンブルは各自治体が運営しており、その売上は地域の社会福祉事業などに充てられています。

日本でできるギャンブルのヘッダー画像

公営競技

公営ギャンブルについてどの程度知っているでしょうか?
誰が運営しており、売上がどのように活用されているかは意外と知られていません。

 

競馬をやったことがあっても、競輪や競艇、オートレースは経験が無い人も多いでしょう。
内容やルールを知れば新しい魅力に気付くきっかけになるはずです。
ここでは公営ギャンブルの競馬や競輪、競艇やオートレースの概要と魅力について紹介したいと思います。

 

王道のギャンブルは競馬

広々とした競馬場

 

公営ギャンブルの中で最も人気があり、最も稼ぎやすいと言われるのが競馬です。
1位から3位を順不同でぴったり的中させれば、万馬券になる可能性は高いでしょう。
馬券には様々な買い方があり、予想に合わせて買い替えるのも競馬の楽しみです。

 

また、勘ではなく情報量や分析が重要になるのも競馬が愛されている理由でしょう。
競走馬の血統分析や騎手の情報など、膨大な情報が加味された上で予測が行われています。

 

その逆で、純粋に応援したい馬の馬券を買う人も多いです。
レース終盤での逆転劇や加速する馬の迫力など、エンターテインメントとして競馬は魅力的なのです。
ギャンブルを経験したことが無い人は、最初に競馬を遊んでみると良いでしょう。

 

人間模様が面白い競輪

人がいない競輪場

 

自動車並みに加速する競輪選手の競争は手に汗握る白熱のレースとなります。
スピードの迫力はもちろん、選手同士の人間関係がレースの予測に関わるのも魅力の1つでしょう。

 

競輪ではラインと呼ばれる協力体制が作られるのですが、これが師弟関係や同郷関係によって変わるのです。
心理戦を予想するのも面白いポイントになるので、競輪を遊ぶ際には選手の気持ちを考えてみてください。

 

水のエンタメである競艇

夕方の競艇場

 

水上バイクで走る競艇も白熱のレースが楽しめます。
ボートを操るテクニックやターンする際に一瞬で追抜く展開は大きな歓声になるでしょう。
モンキーターンというマンガで競艇を知った人も多く、比較的若い世代や女性に好かれているのも特徴です。

 

近年では水上のイルミネーションショーを開催したり、家族向けのキャンペーンを開催したり、集客に力を入れています。

 

バイクで競うオートレース

船橋オートレース場

 

競馬などに比べると知名度がやや低く、レース場も全国に5ヶ所しかないのがオートレースです。
基本的にはバイクで走り順位を競うのですが、他の公営ギャンブルと違ってハンデレースがあります。

 

実力に応じてスタートラインが変わるシステムは全員が勝つ可能性を持つので面白いです。
人数は少ないこともあって選手の情報を管理しやすいメリットもあるでしょう。

 

 

 

公営ギャンブルは各自治体が運営しており、売上は地域の社会福祉へ活用されています。
ギャンブルというだけで毛嫌いする人もいますが、家族や友達と娯楽の1つとして遊んでみるのも良いでしょう。